クラウドファンディングスタート

学校にドローンプログラミングを広めたい!

この想いを旨に今回のクラウドファンディングを実施いたします。

開催期間:1月25日~3月31日

■プロジェクトページ

https://camp-fire.jp/projects/view/543634

 

資金の用途といたしましては、

小学校~大学までの授業で使える『FruitPunchの教科書作成費用』に充てたいと考えております。

※FruitPunchとは弊社が提供しているトイドローン(Tello または Tello EDU)と通信できるネットワークボードとなります。

■FruitPunchサイト

FruitPunch (na-s.jp)

 

プロジェクトをやろうと思った理由

そもそものきっかけは、2019年に初めてプログラミンドローンを使って小学校で授業を行ったときのことでした。

子どもたちからの感想文には、「ドローンを使って自分でデザインした洋服を届ける!」「将来はドローンのバッテリーを開発する!」などの純粋な感想が書かれていました。

 

その後にテキスト型言語によるプログラミング普及活動を開始。しかし、これを子どもたちは苦手とすることを目の当たりにしました。しかしながら、テキスト言語を学ぶことが必要。

そこで、テキスト型言語学習に適した「BASIC言語」を用いてドローンをプログラム制御できるネットワークボードをメーカーと共に開発。それが今回の主役「FruitPunch」です。

 

プログラムとして入力する文字(コマンド)や、見本飛行動画は、Instagramにかなりのパターンで無料公開をしていますので、製品が手元に届いたらすぐにプログラミングを行い、ドローンを飛ばすことができるもの。短い方では、製品を開けてから10分で飛ばせた方も!それはプログラミングの専門家ではなく、まったくの素人の親子の方でした。

 

親子のコミュニケーションに。

そしてお子様のプログラミング学習の習慣づけや、苦手意識の克服に。

このFruitPunchの価値を信じているからこそ、小学校~大学で使える教科書を作り、全国に向けて本格的に広めたいと考えたのです。

 

 

最後になりますが、

本クラウドファンディングにご賛同頂けましたら、ご支援と拡散にご協力頂けますと幸いです。

それでは今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。