【産学連携プロジェクト】 桃山学院教育大学 木村明憲研究室と「公教育におけるドローンを活用したプログラミング教育の有用性」について2022年度より共同研究及び社会貢献を開始

桃山学院教育大学 木村明憲研究室(講師:木村明憲、所在地:大阪府堺市)とHDL合同会社(CEO:吉田公衛、本社:福井県鯖江市)と連携し、2022年度より、「ドローンを活用した小学校プログラミング教育の有用性」に関する共同研究及び社会貢献を実施します。

現状小学校でのプログラミングの授業形式は、学校や自治体に委ねられており、混乱している現場がまだまだあります。また、「PC等に詳しくないので、抵抗感がある」「正直関わりたくない」という先生方のネガティブな声が多いのも現実です。

そんな中ドローンを活用したプログラミング教育を実践した学校では「生徒も先生もワクワクする」「将来のことを考えるきっかけになる」などとポジティブな意見がほとんどでした。

こういったドローンを活用したプログラミング教育の価値を信じているからこそ、本研究では小学校で使える単元計画と教材の開発を進めていきます。

 

■桃山学院教育大学 木村明憲講師紹介ページ

https://www.andrew-edu.ac.jp/human/professor/40.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

A family outdoor day